HOME > CFDの注文種類 > CFDの逆指値注文

DMM CFD

CFDの逆指値注文

リスクコントロールに役立つCFDの逆指値注文について解説

CFDの逆指値注文

 

CFD取引をこれから始める場合、どこのCFD業者で取引ををするかをインターネットサイトなどを利用して決めることができます。主な取扱業者として、『CMC Markets Japan』『ひまわり証券』『DMM.com証券』などいろいろあります。

取引業者が決まったら、その口座の開設手続きをおこない、口座を開設すれば、すぐにでも注文をしたり取引ができるようになります。CFDの注文方には、いくつかの方法があります。

注文方法には、成行注文、指値注文、逆指値注文・IFD注文・OCO注文などとよばれる方法があります。現在の価格より低いこの金額になったら売る、現在の価格より高いこの価格になったら買う、という時におこなう注文方法を逆指値注文と言います。

逆指値注文と指値注文の違いは、逆指値注文は儲けるためというよりも、損害を少なくするといった時のための方法です。これ以上低くなる前に売りたい、これ以上高くなる前に買いたいという感じです。

指値注文というよりも成行注文に近い方法です。成行注文は、常に変動をチェックしている状態でおこなうもので、逆指値注文はパソコンを常にチェックしなくてもいいので、時間がない人などにとってはたすかる注文方法です。

デメリットは、値動きが荒かったりすると、タイミングにより表示価格で約定せず、思わぬ価格で成立してしまうスリッページがおきてしまうことです。それを回避するためには、この注文設定をする場合、取引量が安定しており、値動きがあまり荒くない銘柄に対して使用するのが望ましいとされています。

このようにいろいろな注文方法がありますので、知識としておぼえておくと便利です。また、業者もいろいろあり、それぞれの特徴がありますので、いろいろ比較することも大切です。

またいろんな業者で新規口座開設キャンペーンや取引数に応じたプレゼントなどもおこなっていますので、そのタイミングで口座開設をするのがいいです。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ