HOME > CFDの注文種類 > CFDの2way注文

DMM CFD

CFDの2way注文

注文が簡単な2way注文について解説

CFDの2way注文

 

CFD取引での2way注文とは、「売り」「買い」どちらからでもポジション建てができることです。投資家が注文をする時に、右側に「売り」の価格(ビット=Bid)、左側に「買い」の価格(アスク=Ask)を表示されていることを、2WAYプライスと言います。

2WAYプライスの身近なところでは、海外旅行で円と外貨を両替しに銀行も窓口などに行った時に、売り(ビット)と買い(アスク)のレート方式が電光板で提示されています。「110.50-55」の表示の場合は、110円50銭で売れて、110円55銭で買えるわけです。

CFD取引でも、FX取引でも、このような売買の透明性を図り、不公正な取引が行われないように提示をしなければなりません。価格差であるスプレッドが直ぐに把握できてしまうので、為替レートの変動も激しいです。

外貨建ての場合は、為替変動をチェックしておかないと、損益がかなり逆方向になります。CFDの2way注文では、「売り」と「買い」を同時に決定する材料になりますので、コストを考慮して、成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFOなど、どの取引方式を利用するかを選択します。

2way注文での取引を行っていない会社もありますので、まずは資料を請求して確認しましょう。取引を考えている会社に、インターネットオンラインで口座開設をして、投資できる金額を入金します。

注文エントリーの最初は、通貨のペアを決めます。空売りからはじめるか、買いからはじめるかなど取引方式を決めて、数量を入力しますが、カーソル単位が取引会社によって違いますので、よく確認してください。

取引会社によって、オンライン注文の仕方が違いますので、デモシステムを活用することをおすすめします。注文するのは、とても簡単ですが、成行の手動にするか、指値、逆指値の自動にするか、自身の性格とどのタイプの取引注文が合っているかが判断できるまで時間と投資のリスクが必要です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ