HOME > CFD取扱の業者一覧 > ドットコモディティ

DMM CFD

ドットコモディティ

オンライン先物で大手のドットコモディティのCFDについて紹介

 
ドットコモディティ
ドットコモディティ

ドットコモディティはオンライン先物取引業者の中でも、大手の業者となっています。その実績を元にしてコモディティに特化した、CFDの銘柄が揃っています。情報配信も、元々コモディティを扱っていたので、豊富に揃っています。話題の原油や排出権取引も扱っているので、取り組みやすい点もあります。

  • 最大50倍のレバレッジ
  • オンライン先物取引の大手
  • 排出権を基にした銘柄を用意
 
銘柄数

国内株式CFD

海外株式CFD

株価指数CFD

株価指数先物CFD

業種別指数CFD

×

×

×

×

×

債券CFD

債券先物CFD

商品CFD

商品先物CFD

 

×

×

32

×

 

手数料

国内株式CFD

海外株式CFD

株価指数CFD

株価指数先物CFD

業種別指数CFD

×

×

×

×

×

債券CFD

債券先物CFD

商品CFD

商品先物CFD

 

×

×

無料

×

 

レバレッジ数

国内株式CFD

海外株式CFD

株価指数CFD

株価指数先物CFD

業種別指数CFD

×

×

×

×

×

債券CFD

債券先物CFD

商品CFD

商品先物CFD

 

×

×

最大50倍

×

 

注文種類

逆指値注文

IFD注文

IFO注文

OCO注文

トレール注文

2way注文

期日指定注文

その他

初回入金額

デモトレード日数

無料セミナー

サポート体制

0円

有り

有り

主な取扱銘柄のスプレッド

※※※※※※※

※※※※※※※

※※※※※※※

※※※※※※※

※※※※※※※

※※※※※※※

ドットコモディティ

 

金や原油などの商品先物や、株、為替、株価指数などを実際に所有せずに売り買いをし、その価格差で利益を出す「CFD取引」が、日本でも徐々にメジャーになりつつあります。CFD取引は証拠金を担保に、その金額以上の取引をする「証拠金取引」(レバレッジ)です。

また、下落傾向にあるものを売りから取引開始して下げ止まりを察知して決済するといった、今まで個人投資家では敷居の高かったカラ売りができます。これによりあらゆる投資対象の動向を予想し利益を得るチャンスを広げることもできます。

また、海外の取引により、昼間仕事を持つ方々にとって取り組みやすいのも大きな魅力です。しかし、これらの魅力的な特徴は、それぞれリスクも併せ持っていることを忘れてはなりません。

レバレッジによるチャンスの拡大はそのままリスク拡大につながりますし、まだ日本で一般的ではないため、業者間の競争が少なく手数料が高いというデメリットもあります。また、数多ある商品を運用するには、ワンストップでスピーディーに管理でき、タイムリーな運用が必須です。

ドットコモディティのCFD取引は、まず第一に、取引手数料は取引量に関わらず無料、口座開設費、口座維持費、データ使用料もタダという点が特徴として際立っています。また、ドットコモディティはコモディティ、つまり商品取引に特化しており、株式や債券、為替などの金融動向に直接リンクしないことから、FXなどで得た知識を活かしてその分散投資をするためのパートナーとして活用することができます。

米国のWTI原油スポットや金スポットなど豊富な取引銘柄を取り揃えており、2009年からは日本国内で初となるCO2排出量のCFD取引も始め話題となっています。また、ドットコモディティは、コモディティ専業のノウハウを活かして、コモディティ専用のチャート分析ソフトや、オンライン上でコモディティ専用の投資情報を提供するなど、より着実な運用をサポートしています。

 
ドットコモディティ
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ