HOME > CFDの解説コンテンツ > CFDの仕組み

DMM CFD

CFDの仕組み

CFDの取引の仕組みについて解説

CFDの仕組み

 

CFD取引は日本語では差金決済取引と呼ばれています。この取引の特徴は、1つの口座で世界中の株・株価指数・債権・商品の取引ができること、差金決済であること、FX同様の仕組みで小額資金で取引を開始できること、があげられます。

FX同様の仕組みと言いましたが、それが詳しくはどういうことかといいますと、つまり証拠金を担保にして小さな資金で大きな取引をできるということです。CFDが1つの口座であらゆる取引ができるのは、その口座に預けてある資金を担保にして、株なら株を債権なら債権を買います、あるいは売りますという契約を取り交わす形で取引を行うからです。

しかも買います、という契約を取り交わしたその時には支払をする必要はありません。CFDの取引の仕方を相対取引といいますが、この取引では現物を所有しないため、差額を決済するだけで良いのです。

もしも10,000円の株を買う契約をして、その後12,000円に値上がりした時に売った場合には、2,000円を受け取ることで取引完了です。逆に10,000円の株を買って9,000円に値下がりした時に売った場合には、1,000円を支払うことになります。

そして、この仕組みで取引をする時の最大のポイントがレバレッジといって、先に出た証拠金を担保に小さな資金で大きな取引ができる、というものです。レバレッジをきかすことによって、取引の効率は大きく変わってきます。

レバレッジ10倍で取引を行えば、レバレッジなしで通常の取引をした時の10倍の利益が出るということになるのです。資金は小額しか用意できないけれども、この投資は絶対に押さえておきたい、というような場合には非常に役に立ちます。

しかし、レバレッジをきかせた取引で損失を出してしまうと、その損失も大きく膨らんでしまいますので、その点は注意が必要です。上手に活用することで、大きな利益を得ることのできるCFDの取引は、無理のない範囲でレバレッジを設定することが大切です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ