HOME > CFDの解説コンテンツ > CFDのマージンコール

DMM CFD

CFDのマージンコール

CFD取引の際に注意しておきたいマージンコールについて解説

CFDのマージンコール

 

マージンコールとはCFD取引に参加した際に、金融商品の損失額が一定以上に達した場合に警告されることを言います。取引業者では「マージンコール発生証拠金維持率」という数値を設定しており、この数値を下回った場合に警告を受けることになります。

維持率の設定値は業者により個々に設定されていますが、一般的には50%〜60%の間と言われています。マージンコールが発生した場合の対応は、通常は新たに証拠金を入金するか、強制ロスカット(損切)をすることになります。

マージンコールが発生したからといっても、決済が成立していなければ実際には損失とはなりませんが、発生した取引は非常に危険な状況であるとの認識が必要です。CFDは実際の金融商品を買価するのではなく、差金決済取引であるため手軽に取引を行える半面、資金管理をしっかりとしておき、自分のリスクを管理しておくことが必要です。

CFD取引をはじめて最初のうちはしっかりと日々の資金管理意識を持ちましょう。このような状況に陥ってしまった場合、すでにかなりの損失が出ている状況であるあることは明白なので、なかなか決済に踏み切れない場合があります。

判断をできずに先延ばしにすると更に損失は拡大する恐れがありますので、決済する勇気を持つことも大切です。いずれにしてもマージンコールが発生してからの対応ではかなりの損失が想定される状況となりますので、日頃から発生させないように予防策を講じて取り組むことが上手なCFD取引と言えます。

発生を防ぐ予防策としては余裕を持ったレバレッジ設定を行うことで、リスク管理を行うと良いと言われていますが、それでも完全ではありませんので、日々の自己資金管理が大切です。CFDでは取引についての十分な知識と常に最新の情報を入手できる環境を作ることも重要になります。

正しい知識と新鮮な情報の入手と、適正な投資資金管理を行うことで近年注目されている、新しいタイプの投資商品取引を体験してみてはいかがでしょうか。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ