HOME > CFDの解説コンテンツ > CFDの強制決済

DMM CFD

CFDの強制決済

CFD取引で発生する強制決済について解説

CFDの強制決済

 

CFDの魅力は、証拠金でレバレッジをかけて取り引きできるということです。しかし大きなレバレッジをかけた場合、急激な価格変動が起きてしまった場合多額の負債を負ってしまう場合があります。

それを回避するための措置として強制決済(強制ロスカット)いうシステムがあります。CFDの強制決済とは、その名の通り強制的に売買が成立されることです。

急激な価格変動により、膨大な金額の損失になる場合もあり、保証されている証拠金以上の損失になるのを防ぐ措置です。ですので、口座に入っている金額以上に損失が増えることはないのです。

強制ロスカットされないための対処方法は証拠金の預け入れ価格を大きくしておくことが大切です。例えば、レバレッジ10倍を想定していて、50万円分の取引をする場合、証拠金として5万円を預入金として入れておけば取引は行えるのですが、マージンカットされないためにそれ以上の金額を入れておくことが大事です。

一時は値下がりするものの、最終的には値上がりするだろうと読んでいた場合でも、証拠金以下に値下がりした時点で強制終了されてしまうという事態になってしまいます。ですが、多くの場合はこの規定がなければ、どんどんその人の負債は増えることになります。

ということは、業者が儲けることにつながりますから、それでもこれをしっかり設定してくれている業者は顧客のことを考えてくれている安心できる業者であるといえます。強制決済のルールはCFD業者ごとに決めることができ、ほとんどの業者は保有しているポジションのトータルで証拠金の評価をしていて、それを下回った場合に強制決済される仕組みになっています

ですが、業者によっては個人個人のポジションを参考にしておこなっているところもあります。これは、業者の手間はかかるようですが、個人個人で細かく設定するためリスクが少ないということがあります。

ですのでCFD業者をどこにするか選ぶ場合、サービス面や安心面だけでなくこういった面も参考にして自分にあった業者を選ぶことが大切です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ