HOME > CFDの銘柄 > 株価指数先物CFD

DMM CFD

株価指数先物CFD

限月制を採用している株価指数先物CFDについて解説

株価指数先物CFD

 

株価指数先物CFDは世界の株価取引市場において上場されている、主要株価指数先物取引や債券先物を証拠金で取引します。上場されている商品は「限月制」を取っていることが、株価指数CFDとは異なるところです。

株価指数先物CFDで有名なのはものは、日本では日経225先物やTOPIX先物で、アメリカではNYダウ先物、ナスダック先物、S&P500先物などが主要なところです。CFDはFXと似たところがあり、証拠金による差金決済取引でその価格差が損益となります。

似ているところもありますが、オーバーナイト金利の受け取りや支払いなどは、売りと買いのポジションが反対になりますので、注意が必要です。株価指数先物CFDとは、株価指数や特定の銘柄の値動きを平均化したものを一つの商品とした指数先物をCFDで取引できるようにした商品です。

現在では世界各国の指数先物が株価指数先物CFDとして取引できるようになり、アメリカではダウジョーンズ工業株価指数、ナスダック総合指数などが株価指数先物CFDとして取引ができるようになっています。先物取引では決済までの期間を限月と言い、この限月は商品毎に異なり、期日必要証拠金も個々に設定されるので、取引の前に確認しておく必要があります。

CFDの上手は活用法としては、新たな海外市場への進出とリスクヘッジの活用です。今までは海外投資は個人投資家へ参入しづらい市場でしたが、CFDを活用することで海外投資への扉が開かれました。

日本ではまだまだ海外市場の情報は満足に取得できませんが、経済動向や国政の状況により株価を判断しながら取引を行うことができます。リスクヘッジについては、日本市場ですでに先物取引を行っている人には良いかもしれません。

ポジションを維持したままで翌営業日を迎える際に、思わぬ損失を蒙ることがありますが、日本市場が影響を受けやすい米国市場の動向を判断し、売り買いのポジションをヘッジするという使い方も活用の一つです。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ