HOME > CFDの銘柄 > 債券先物CFD

DMM CFD

債券先物CFD

限月制を採用している債券先物CFDについて紹介

債券先物CFD

 

CFDとはContract For Difference を略式したもので、商品や金融証券を元にした金融商品の取引における差金決済のことをいいます。主なCFD取引できる業者としては『FXオンラインジャパン』『ドットコモディティ株式会社』『CMC Markets Japan』など他にも多数があります。

どこの業者で取引をおこなうかどうかは、個人の使い勝手や判断にもよりますが、より安全で確実な業者を選ぶことが大切です。また、口座を開設する際などはキャンペーンなども活用するとメリットがあります。

CFD取引にもいろいろなものがあります。株式CFD、指数CFD、債券先物CFD、コモディティCFDなどさまざまです。

債券先物CFDとは、債券先物を対象としたCFDのことです。別名を限月CFDとよぶこともあります。

その理由として、上場されている商品が限月制をとっているためです。債券先物CFDは主にその国が発券する債券のことで、国の値動きが反映されるのです。

債券先物市場は、需給動向だけでなく景気や物価などによっても変動し、また金融政策などでも変わりますので、そういった社会情勢をこまめにチェックしておかなければならないです。国債金利の場合は政策金利と逆連動することが多いのです。

その場合、金利が下がると国債が上がり、金利が上がると国債が下がるという現象が起こります。ですので、これをおこなう場合は、国債買い入れ情報などをニュースなどでチェックしておくことが大切です。

主な銘柄として、日本国債先物・ユーロ円金利(3ヶ月)先物・ユーロドル金利(3ヶ月)先物・ドイツ(2・5・10・30年)国債先物などがあります。債券が取り扱いできる国は限られていて、主な国は日本・アメリカ・ドイツ・イギリス・カナダなどです。

通常の債券は満期日が設定されているのですが、債券先物CFDには満期がないためポジションがある場合自動で繰り越しされます。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ