HOME > CFDの銘柄

DMM CFD

CFDの銘柄

幅広い銘柄に取引できるのがCFDの魅力

CFDの銘柄

 

CFDは株や投資信託、オプションを含めた日経先物取引、商品先物取引、FXと言った金融商品の中でも、株に次いで多くの銘柄数が揃っている商品となっています。

また株については、東証などで上場をしていて、有名であるメーカーなどの銘柄についても、業者によってはCFDとしても取引を行う事が出来る様になっています。

日経先物取引や商品先物取引についても同様に、業者によって銘柄数の取扱は異なりますが、CFDとしても投資を行える様になっています。

CFD関連の書籍でしばしば見られるキーワードになりますが、CFDは今までに登場してきた金融商品を幅広く扱っている、まさにオールカバーしている商品と言えるのです。

FXも実はCFDの一種であり、為替に特化した金融商品と言うのは、最近では、耳にする機会も多くなりましたが、では、実際に取引できる銘柄の幅と言うのは、どれほどのものなのか?そういった疑問を持つ人も多いと思います。

答えとしては、一番多く銘柄を扱っている業者の場合には、7000銘柄を超える銘柄が取引可能となっています。これは日本の大手会社の株を取り扱っているのに加えて、日本からでは敷居が高くなってしまう、海外に上場されている銘柄も取り扱っている為に、これほど多くの銘柄が取扱いをされているのです。

海外銘柄の中には、最近話題の中国銘柄を扱っている会社もありますし、古くから上場している有名海外メーカーや、新しい所では、グーグルやアップルなどの株についても取り扱っています。

それ以外にも、CFDで取引が可能となっている銘柄には、人気の高いもの中には、日経平均株価に連動している株価指数や、ニューヨークダウに連動している株価指数の銘柄の売買も可能となっています。特にニューヨークダウの株価指数銘柄に関しては、取り扱っているCFD業者の中でも、一様に取引が盛んに行なわれている銘柄となります。

この理由としては、実際にニューヨークダウの値動きが活発化されるのが、日本時間で言う夜の10時半からとなっているのが理由となります。

日本の夜の10時半と言えば、まだ欧州の市場も開いていて、世界的な金融市場のアメリカも、オープンする時間となっていて、金融の世界では、ゴールデンタイムと言われている時間になります。多くの人がこの時間であれば、自宅で寛いでいる時間となり、この世界的な金融のゴールデンタイムに市場参加をする事が出来るのが、CFDのメリットと言えるでしょう。

他にも、業者によってはCO2排出権の取引や、高騰が続いているゴールドなどにも投資が可能となっています。また、値動きが少ないとされている債券についても取引が行えるのが、CFDの魅力の一つとなっています。ここまででも、理解していただけると思いますが、CFDの取扱の商品の幅は、他の金融商品と比較をしても、かなり広いものとなっています。

しかし、取扱数については、業者によって違いがあるので、詳しくは比較表などを参考にしてみて下さい。こちらのコンテンツでは、それぞれの銘柄について解説を行なっています。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ