HOME > CFDの銘柄 > ストキャスティクス

DMM CFD

ストキャスティクス

CFDのストキャスティクスについて紹介

ストキャスティクス

 

ストキャスティクスとは、CDF投資用語のひとつであり、テクニカル分析のテクニカル指標のうちの1種類です。この指標を用いることによって、相場の売られすぎや買われすぎを把握することができると同時に、今どのくらい売られすぎているのか、また買われすぎているのかも見てとることができます。

このストキャスティクスという指標においては、2本のデータ線が用いられます。単純に、データ上で線が上に近づくほど買われている状況を表し、下に近づくほど売られている状況になりますが、極端に上に行き過ぎると買われすぎ、下に行き過ぎると売られすぎであることがわかります。

短期投資から中期投資の際に、有効に活用することができるとされています。CFD取引において、買われすぎもしくは売られすぎの度合いがどの程度なのかを見る上では、もっとも適している指標であるとされていて、CFD取引をしている人たちにとっては常識ともいうことのできるテクニカル指標です。

また、MACDと一緒に使用することで、より効果的に市場の予想を見ることができることにもなります。少し詳しく解説していくと、このストキャスティクスでは『%K』、『%D』、『SLOW%D』という3種類があります。

それぞれに数値の出し方の計算式、数値の見方があるわけですが、それを知るにはかなり相場に詳しくなる必要があります。上級者向けのテクニカル指標のひとつでもありますが、より確実に相場予想をしようと思えば、こういった難しいデータを上手に使用することも求められます。

覚えておいて損はない指標です。これと似たテクニカル指標のひとつに、RSIというものもあります。

このように見てみると、相場取引というものは、実にさまざまなデータや用語を駆使して行うことが一般的であるということになりますが、初心者には少し難しいかもしれません。まずはこのような用語やデータがあるのだということを知り、経験を積みながら少しずつデータの特徴や中身を覚えていきましょう。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ