HOME > CFDの銘柄 > 移動平均線

DMM CFD

移動平均線

CFDの移動平均線について紹介

移動平均線

 

CFD投資取引においてよく使われるデータのひとつとして、移動平均線というものがあります。こういった投資にあまり詳しくない人にはなかなかピンとこない用語ではありますが、CFD取引においては非常に重要なデータ分析のひとつであるため、ぜひ勉強して覚えておくとよいでしょう。

では、移動平均線とは具体的にどのようなものなのかというと、アメリカのJ.E.グランビルという人が開発したデータ指標のひとつであり、過去から現在までの価格の平均を折れ線グラフで可視化したもののことをいいます。この移動平均線の最大のメリットは、グラフ化することによって、今現在の相場がどのような状況になるのか一目でわかるという点でしょう。

このグラフの見方はいたってシンプルであり、CFD取引において相場が上昇トレンドにある場合は、平均線は右肩上がりで表されており、反対に下降トレンドにある場合は、右肩下がりになっています。また、このグラフのもうひとつの特徴としては、短期と長期の相場状況について、同じひとつのチャートに表して使用することが一般的であるという点にもあります。

複数のデータを組み合わせてグラフ化することによって、より高度な相場予想をすることができますし、今後のトレンドをより着実に見ていくことができます。このデータは、ローソク足などと同じ部類のテクニカル分析に用いられるもののひとつですが、ローソク足よりも高度な分析方法のひとつです。

そのため、どちらかというと中級から上級者向けであるともいうことができます。ローソク足が時間など相場の点を表示するのに対して、こちらの平均線は全体像をグラフ化しています。

ですから5日、25日、100日などといったある程度まとまった単位ごとに表示されます。少し難しいと初めは感じるかもしれませんが、慣れてくればすぐにグラフを見て、今相場がどのような状況にあるのかを把握することができるようになります。

見方のコツというものもありますので、そういった基本をはじめにマスターしてしまえばあとは簡単です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ