HOME > CFDの銘柄 > フィボナッチリトレースメント

DMM CFD

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチ数列を駆使したフィボナッチリトレースメントについて紹介

フィボナッチリトレースメント

 

CFD取引でのフィボナッチリトレースメントとは、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが13世紀に発見したフィボナッチ数列の法則を利用して作成したテクニカル指標のことです。フィボナッチ数列は『1,1,2,3,4,5,8,13,21,34,55,89,144』といったように、際限なく続いていく数列のことです。

特徴としてはまず、この数列ではふたつの連続する数字の合計が次の数字に一致するようになっています。たとえば1番目の1と2番目の1を足すと3番目の2になり、2番目の1と3番目の2を足すと4番目の3になるのです。

また、最初の数字について次の数字に対する比率は、最初から4つ目の数字以降が0.618に近くなっていきます。たとえば1÷1=1.00、1÷2=0.5、2÷3=0.67、3÷5=0.60、5÷8=0.625といった具合に、だんだんと0.618に近づいていくのです。

さらに、前の数字に対する比率は1.618に近くなっていきます。たとえば13÷8=1.625、21÷13=1.615、34÷21=1.619といったように、1.618に近づいていくのです。

そして、ひとつおきの数字の比率は0.382に近づくようになっています。たとえば8÷21=0.3809、21÷55=0.3818、55÷144=0.3819という具合に、0.382に近づいていくのです。

CFD取引でフィボナッチリトレースメントというと、これらの特徴と関係にもとづいて設定されています。CFD取引などでのフィボナッチリトレースメントで表示される38.2%、50.0%、61.8%や78.6%という数字は、このような関係をもとにした設定値となっています。

実際の使い方は、近い位置の安値と高値の差について38%、50%、62%上昇した、または下落した位置が、押し目売りか買いのエントリーポイントとになります。トレンドが強いような場合は38%を、トレンドが弱いときには50%か62%を押し目のエントリーポイントとして選ぶことが、基本的な利用の仕方です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ