HOME > CFDの銘柄 > ボリンジャーバンド

DMM CFD

ボリンジャーバンド

トレンドの転換点を判断するテクニカル指標-ボリンジャーバンド-について紹介

ボリンジャーバンド

 

CFDの取引においてトレンドの転換点を判断するテクニカル指標のひとつとして、多くの投資家に使われるものにボリンジャーバンドがあります。開発したのはジョン・ボリンジャーさんであり、1980年ころのことであるとされています。

統計学の手法である第一標準偏差、第二標準偏差、プライスの移動平均線をチャートに重ねて描き、各ラインのプライスの分布状況を見て、反転のタイミングを予測します。計算方法は、『標準偏差:σ=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(期間×(期間−1))という式になります。

そして『±1σライン』は『移動平均線の数値±標準偏差』、『±2σライン』は『移動平均値の数値±2×標準偏差』、『±3σライン』は『移動平均線の数値±3×標準偏差』となります。ここで期間として採用されるものとしては9日、20日、25日などが挙げられます。

統計学的に移動平均線±1σ、つまり内側の補助線内には68.27%、移動平均線±2σ、つまり一番外側の補助線内には95.45%の確率で価格が収まるとされています。一般には−2σライン、−3σラインに下値が近づいている場合は売られ過ぎであると判断して買いのタイミングと判断し、+2σラインや+3σラインに上値が近づいている場合には買われ過ぎであると判断して売りのタイミングと判断します。

CFD取引の際に一定の期間を見ていくと、ボリンジャーバンドは拡散と収束を繰り返しているとわかります。そして収束した後のプライスの上下によって、同じ方向に大きな変動を示していく特徴があります。

ただし同じ方向への動きが続いていくと市場に陰りが生じてきて、トレンドが弱体化しまた収束を始めます。非常に市場心理を反映している指標であるということができます。

これらの特徴はあくまでも統計学上のことであり、+2σを超えてさらに上昇し続けることもあれば、−2σを下回っても下落し続ける可能性はあります。CFD取引では、どの指標においても単独で判断材料にすることはせず、ボリンジャーバンドとRSI などほかの複数の指標とともに売買のタイミングを測ることが大切です。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ