HOME > CFDの銘柄 > ADX活用法

DMM CFD

ADX活用法

1本の線でトレンドの強弱を表示するテクニカル指標のADX活用法について紹介

ADX活用法

 

CFD取引でのADX活用法を身につける上では、まずADXのことがわかっていなければなりません。ADX(Average Directional Movement Index)は、1本の線でトレンドの強弱を表示するテクニカル指標のひとつです。

平均方向性指数であるADXが上昇しているときは、トレンドが強いということを表しています。逆に下落しているときは、トレンドが弱くなっていることを表しているというシンプルなテクニカル指標です。

CFD取引でのADX活用法を考えるとADXの特徴は、トレンドが出ていないような横ばいの相場や乱高下相場のときも、きちんと判別してくれるということです。特にトレンドが出ていないときのADXは、底値圏に這うような動きを見せるようになります。

テクニカル指標は数多くさまざまなものがありますが、トレンドの出ない相場を判別してくれるテクニカル指標は、ほんの少ししかありません。CFDでのADX活用法は、底値圏から上昇に転換したポイントを相場のトレンドの転換ポイントとして、エントリーを狙っていくということになります。

ADXは相場が上昇していようが下降していようが、トレンドが出れば上昇するため、買いでエントリーするのかまたは売りでエントリーするのかは、その場その場の相場によって変えていかなければなりません。つまり、ADXが上向きの場合はトレンドの継続で、逆にADXが下向きの場合はトレンドの終了として読み取ることができます。

現在の市場動向を予測し、有効な投資を行うためのテクニカル指標のひとつとして、平均方向性指数ADXを読み取ることが重要です。そのためにもADXの活用法についていろいろな角度から検討し、現状の把握と市場の動きを読み取ることが、次の有効な投資へと結びついていくのは確かです。

ADXをはじめ、このようなテクニカル指標は、単体だけでもある程度の市場相場を読み取ることができるようになっていますが、できる限りテクニカル指標を組み合わせて、さらに確実な予測をすることができるように応用することが望まれます。

 
 
DMM.com証券
DMM.com証券

DMM CFDでは初めての方でも熟練者の方でも取引しやすい厳選8銘柄を取り扱っています。JPN225/JPYやDJI30/USDなどの株価指数CFDとGOLD/USD、OIL/USDなど商品CFDをご用意しております。■期間限定でスプレッド縮小キャンペーン中■クイック入金はCFD業界最多の約370の金融機関対応!

  • 10倍、25倍、50倍、100倍のレバレッジを選べる
  • 業界最狭水準スプレッド
  • 簡単・便利なクイック入金
  • 厳選の簡単8銘柄
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
SAXOBANK
SAXOBANK

システムを提供している会社として有名な会社がSAXOBANKになります。SAXOBANKでは世界中の有名企業の株式CFDを取引する事が出来る様になっているので、取り扱っている銘柄数に関しても非常に豊富となっています。取引種類も非常に豊富となっているので、投資チャンスを自分でじっくりと検討して取引を行えます。

  • 取り扱い数が非常に豊富
  • 取引種類が豊富に揃っている
  • 海外株式CFDの銘柄が非常に豊富
もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ